PKSHA Workplace Cloud

従業員エクスペリエンスを向上する
DXソリューション

このような課題はありませんか?

  • 質問者
  • 電話、メール、チャットツール、
    問合せ窓口が複数あり、どこに
    何を聞いて良いかわからない

  • 早く回答を得たいので、
    知っている人に直接聞いてしまう

  • 問合せ担当者
  • 電話問合せの負荷が高い。
    問合せチャネルも乱立している

  • 回答を把握している社員が
    属人化していて、個別問合せ対応
    により業務がひっ迫している

  • ツール管理者/運用者
  • 工数をかけずに
    仕組みを導入したいが、
    事前準備の負荷が高い

  • せっかく導入して
    費用を支払っているツールが、
    利用されずに定着しない

PKSHA Workplace Cloudを利用すれば

  • 質問者
  • 気軽に問い合わせができる

  • AI対話エンジン、自動音声会話で
    すぐに回答がかえってくる

  • とりあえず、AI対話エンジンに
    聞けば解決できる

  • 問合せ担当者
  • 問い合わせ管理が楽

  • 自動で
    社内ナレッジ(FAQ)がたまる

  • 問合せに応じて、適切な担当が
    自動アサイン(※開発予定)

  • ツール管理者/運用者
  • 社内で即日利用可能
    (※AI ヘルプデスクをご利用の場合)

  • AIが社内ナレッジ(FAQ)を
    解析し自動生成

  • マニュアルやチャットボットの
    更新がほぼ不要に

PKSHA Workplace Cloudとは

「PKSHA Workplace Cloud」は、社内コミュニケーション改革を通じて、社内DXを生み出す、社内の総合窓口として各種AI SaaSが連携するトータルソリューションです。

対話エンジンを介した社内コミュニケーション

詳しくサービスがわかる

3分でわかる 資料ダウンロード

ソリューションのコンセプト
「Helpdesk 3.0」ナレッジ共進化型

社内ヘルプデスクの通常業務を運用していれば、AIが問合せ履歴を解析し、段階的に問合せを自動化し、適切な担当者を自動で割振りを行い、使えば使うほど賢くなるナレッジ共進化型ヘルプデスクが実現します。

数多くのエンタープライズ企業が利用しているAI SaaSを提供する
PKSHA Workplace Cloudの特徴

  • チャットボット・FAQシステム

    No.1
  • AIの回答精度

    No.1
  • 累計導入実績

    2600社以上

※1:出典:富士キメラ総研「2022 人工知能ビジネス総調査」

※2:出典:デロイト トーマツ ミック経済研究所「マーテック市場の現状と展望2022年度版 クラウド型CRM市場編(第6版)」

※3:2022年9月現在